空港ラウンジ特典を重視して選んだクレジットカード

ビジネスにおすすめセゾンプラチナビジネスアメックス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

法人向けクレジットカードで、おすすめなのはセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント

・年会費
年会費は20,000円(税別)です。
プラチナクラスのクレジットカードとしては低めの設定なのですが、年間200万円以上使うことにより翌年度の年会費が10,000円(税別)になります。
プラチナカードを10,000円で持てるのは、コスパが高いでしょう。
家族会員は3,000円(税別)となります。
セゾンカード発行といえども、アメックスブランドのクレジットカードがこの年会費で持てるのは嬉しいですね。
アメックスはステータスが高く、特に海外での評価は高いです。
海外利用にもおすすめのクレジットカードでしょう。

・空港ラウンジ
国内28空港、ハワイ・ホノルル空港のラウンジが利用できます。

・プライオリティパス付帯
プライオリティパスが付帯しますので、海外500空港以上、1,000か所以上のラウンジを利用することができます。
年会費10,000円でプライオリティパスが付帯するのは、楽天プレミアムカードとセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードくらいでしょう。

・招待なしで申込みができる
個人向けのクレジットカードとして、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードも用意されています。
しかしこのクレジットカードは、招待がなければ取得することができません。
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは招待だけでなく、申込みにより取得ができるクレジットカードなので取得がしやすいでしょう。
ビジネスカードなので法人や個人事業主向けではありますが、会社員でも申込をすれば発行されることがあるようです。

・JALマイルをためられる
セゾンマイルクラブに登録をすれば、ショッピングのたびにJALマイルを貯められるようになります。
1,000円ごとに10マイル付与になりますから、還元率は1.0%。
マイルにプラスして2,000円ごとに1永久不滅ポイントもたまります。
永久不滅ポイントを、JALマイルに移行することも可能です。
マイルセゾンクラブは登録料金が必要ですが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード会員は登録料無料になっているのでお得です。

国内外のラウンジを使えるセゾンゴールドアメックス

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

アメックスとの提携を強化するセゾンカードのゴールドカードが、リニューアルを経てより魅力的なクレジットカードとなりました。
アメックスブランドということで、ステータスを感じることもできます。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント

・年会費
年会費は10,000円(税別)、家族会員は1,000円(税別)となります。
ゴールドカードとしては、妥当な金額と言えるでしょう。

・空港ラウンジ
国内28の主要空港、ハワイ・ホノルル空港のラウンジが利用可能です。
国内空港のラウンジはほぼ利用ができるクレジットカードです。

・プライオリティパスが付帯できる
ゴールドカードではプライオリティパスの発行ができない場合が多いのですが、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費10,000円(税別)を別途支払うことにより、プライオリティパスを付帯させることができます。
プライオリティパスのプレステージ会員は、年会費が399ドルとなります。
日本円にすると40,000円以上になりますから、別料金となってもセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードでプライオリティパスを発行した方がお得ということになります。
プライオリティパスがあると世界1,000か所以上の空港ラウンジを利用できるようになりますので、海外渡航が多い方にはおすすめです。

・ポイント優遇がある
セゾンカードは1,000円に1ポイント、還元率は0.5%になります。
しかしセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、国内利用分は1.5倍、海外利用は2倍のポイント優遇があるのです。
他のセゾンカードよりも、ポイントがたまりやすくお得です。
たまるポイントは永久不滅ポイントなので、ポイント失効をすることはありません。

・JALマイルをためることも可能
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、年間4,000円(税別)でセゾンマイルクラブに登録することでJALマイルを貯めることができます。
1,000円ごとに10マイル、2,000円ごとに1永久不滅ポイントがたまるようになり、永久不滅ポイントをJALマイルに移行すると1,000円で11.25マイルを貯められることになります。
ショッピングでJALマイルをダイレクトでためられるクレジットカードなので、JALマイラーにはおすすめでしょう。

低年会費でラウンジが使えるエポスゴールドカード

エポスゴールドカード

カジュアルなゴールドカードとして、人気なのがエポスゴールドカードです。
顧客満足度がいゴールドカードでもあります。

エポスゴールドカードのおすすめポイント

・年会費
年会費は5,000円(税別)、家族カードはありません。
ゴールドカードとしては、持ちやすい価格です。
ただ年間50万円以上カード利用をすれば、翌年度の年会費は無料になります。
ゴールドカードながら、実質年会費無料で使えるクレジットカードなのです。
さらにエポスカードからのインビテーションで入会をすると、年会費は無条件で無料となります。

・空港ラウンジ
国内20空港、ホノルル空港、仁川空港のラウンジが利用できます。
年会費が無料になるのに、利用できる空港ラウンジの数は多いのが特徴です。
年会費有料でも2,000円程度だと、空港ラウンジが使えないゴールドカードもあります。
それに比べるとエポスゴールドカードは、国内主要空港のラウンジは利用できるのでおすすめです。

・ポイント優遇がある
エポスカードはポイント有効期限が2年ですが、ゴールドカードになると有効期限が無期限になります。
ポイントをずっと貯められるクレジットカードなので、ポイント失効を心配することもありません。
また年間利用金額により、ボーナスポイントの付与があります。
年間50万円以上で2,500円相当のポイント、年間100万円以上で10,000相当のポイントの付与となります。
これだけでも、かなりお得なクレジットカードと言えるでしょう。
さらにマルイでは200円に1ポイント、リボ払いなら200円に3ポイント付与となります。
通常は200円に1ポイント、リボ払いで200円に2ポイントですから、エポスカードよりエポスゴールドカードの方がマルイでもお得になります。

・審査基準
エポスゴールドカードは、原則として20歳以上、本人に安定した収入がある人が申込ができます。
ただエポスカードでのインビテーションは、専業主婦にでも届くとのことです。
クレジットカードの利用状況が良ければ、本人に収入がなくても発行可能ということになるでしょう。
インビテーションが届く条件ははっきりわかりませんが、年間50万円以上の利用があると届きやすいようです。
それほど難しい条件ではないので、インビテーションはもらいやすいクレジットカードでしょう。
インビテーションをもらえば無条件で年会費無料で、空港ラウンジを使えますのでお得です。

羽田ラウンジ利用ならイオンゴールドカード

イオンゴールドカード

人気のクレジットカードであるイオンカードのゴールドが、イオンゴールドカードです。

イオンゴールドカードのおすすめポイント

・年会費
年会費は永年無料です。
条件付で年会費無料となるゴールドカードはありますが、無条件で年会費無料というのは珍しいですね。
イオンカードはすべて年会費無料ですが、ゴールドカードまで無料というのはスゴイです。
家族会員も、年会費は無料です。

・空港ラウンジ
イオンゴールドカードは、羽田空港の国際線ラウンジのみ利用が可能です。
利用できるラウンジが1空港だけというのは、やや寂しい感じがあるのは否めません。
しかし年会費無料クレジットカードであることを考えれば、羽田空港のみでもるラウンジが使えるのはありがたいのではないでしょうか。

・インビテーションでしか発行できない
イオンゴールドカードは、自分で申込みをすることはできません。
イオンカード会員の中で、一定の条件を満たした人だけに発行されるゴールドカードです。
インビテーションがないと、取得をすることができないのです。
取得をしたければイオンカード(イオンカード、イオンカードWAON一体型、イオンカードセレクト)を発行し、年間100万円以上使うのが良いでしょう。
人によってはイオン銀行の定期預金の額などで、インビテーションがくるケースもあるようです。
しかしいくら定期預金の金額があればよいのか定かではありませんし、年間100万円以上イオンカードを使うのが最も早い取得条件となるでしょう。
一度ゴールドカードを取得してしまうと、年間利用金額が少なくても一般クレジットカードに戻ってしまう…ということはありません。
ゴールドカードになったから、年間100万円以上使わなければならないということはないので安心してください。

・イオンラウンジがつかえる
イオンの大型店舗には、イオンラウンジが用意されています。
空港ラウンジのようなもので、ソファやドリンクなどが用意されています。
イオンゴールドカード会員になると、イオンラウンジを無料で利用できるようになります。
イオンでショッピングをする機会が多い人は、イオンラウンジが使えるクレジットカードはおすすめです。

・イオンでお得
イオンゴールドカードはイオンで5%オフになるサービスがあります。
またイオンでの利用時は200円に2ポイント付与になり、ポイントが2倍となります(通常は200円に1ポイント)。
イオンでお得になるクレジットカードですので、イオンを利用するなら持っておきたいところでしょう。

ダイナースクラブカードならラウンジが無料利用可能

セレブが利用しているイメージが有る国際ブランドと言えば何があるでしょうか。やはりアメリカン・エキスプレスかダイナーズなのではありませんか。それらのクレジットカードは審査も厳しく誰でも利用できるものではありません。要は、利用する人を選んでいるカードなのです。

今回はダイナースクラブカードについて解説します。実はダイナースクラブカードはノーマルタイプのカードであってもラウンジ利用ができるのです、さすがハイクオリティなクレジットカードですよね。

まず注目してほしいのが国内空港のラウンジ利用です。主張な空港はしっかりと網羅しているので心配はありません。海外線が着港している空港であれば、ラウンジ利用が出来るケースがほとんどです。問題が海外の空港のラウンジが利用できるのか、という部分です実は海外空港のラウンジも利用できます。プライオリティパスとは異なるラウンジも利用可能となっているのです。さすがダイナースクラブカード、といっても良いのではありませんか。

ただし、ダイナースクラブカードは年会費が少し高めの設定となっています。しっかりとカードを使いこなせない方でなければ損してしまう恐れもあるので注意してください。また審査も厳し目になっています。非正規雇用の方が取得するのは難しいです。