空港ラウンジが使えるおすすめクレジットカード

日本国内の空港ラウンジの利用法

日本国内の空港にはどの空港であっても何かしらのラウンジが用意されています。ラウンジの種類は2種類ありクレジットカード会社が用意しているカードラウンジと航空会社のANAやJALそして大韓航空といった企業が用意しているビジネスラウンジと呼ばれるものがあります。日本国内のほぼすべての空港にはカードラウンジ用意されていますが、宮崎空港にだけはカードラウンジが設置されていないので注意してください。

この日本国内にある空屋ラウンジを利用するための方法としては幾つかあり、クレジットカードを利用する方法、フライトチケットを利用する方法、そして現金を支払って利用する方法があります。それぞれについてご紹介しましょう。

■クレジットカードで利用できるラウンジ
日本国内に空屋ラウンジの大半はこれにあたります。いわゆるカードラウンジと呼ばれる空港ラウンジですね。このカードラウンジは日本国内で発行されているクレジットカードのうちゴールドカードを所有していれば簡単に利用することが出来ます。極稀に空港ラウンジに対応していないようなゴールドカードも存在しているのですが、年会費3240円の「UCSゴールドカード」でさえ国内27の空港で空港ラウンジが利用できますので基本的には問題ないと言えるでしょう。
数は少ないですがビジネスラウンジも空港の幾つかには用意されており、こちらはクレジットカードではなくクレジットカードを利用してプライオリティパスを取得することで利用できる場合があります。ゴールドカードを持っていても全ての空港ラウンジが利用できるわけではないのですね。

■フライトチケットで利用できるラウンジ
こちらは全ての空港に設置されているわけではないですが国際空港などに設置されているビジネスラウンジを指しています。ビジネスラウンジはクレジットカードだけでは利用することが出来る、ビジネスクラスのチケットを所有していることによって利用可能となっています。
ただ例外的にクレジットカードなどに付帯祭されているプライオリティパスを手に入れればこれを使いラウンジを利用できることもあります。

■現金の支払いで利用できるラウンジ
カードラウンジの一部は現金で利用料を支払うことによってラウンジが利用できます。価格はラウンジによって様々ではありますが1000円程度に設定されていることが多い印象です。クレジットカードを所有していなくとも利用できるため少し混み合ってしまうのが気になる部分となっています。

空港ラウンジを目的としたクレジットカード選び

クレジットカードの選び方には色々なものがあると思います。その選び方の一つとして私が考えるものは空港ラウンジをいかにお得に利用するかです。海外の空港ラウンジを利用するためにはプライオリティパスが必要ですのでまた別に紹介している内容となりますが、国内の空港ラウンジを利用するのであればゴールドカードを所有していれば良いことになります。今回は国内の空港ラウンジを利用するのにおすすめしたいクレジットカードをご紹介します。

■UCSゴールドカード
ゴールドカードに付帯されている機能を利用して空港ラウンジを利用するときに、最も安く済ませることが出来るのがこちらのクレジットカードです。年会費は3000円+税で初年度は無料となっておりゴールドカードとしては非常に安いものとなっています。これに加えてポイントの還元率も悪いものではなく、年間の利用金額が100万円を超えるとポイント還元率が20%も上昇するという優れものです。
空港ラウンジだけではなくロードサービスといったものも付帯されてきますので年会費を踏まえると非常にコストパフォーマンスの良いクレジットカードと言えるでしょう。

■NKCゴールドカード
ほとんど知られていないクレジットカードではありますがNKCという会社が発行しているクレジットカードです。申し込み可能なのが中国地方と近畿地方に居住している方のみという条件があり、汎用性が高いものではないのですが年間1回でも利用すれば年会費が無料になるため実質無料で空港ラウンジを利用できるようになります。
またポイントの還元率も悪くなく、携帯品の損害保険も付帯されていますので旅行面でも役立つクレジットカードの1つです。

■JALアメリカン・エキスプレス・カード 普通カード
JALカードの1つであるこちらのクレジットカードの中でもアメリカン・エキスプレスブランドをおすすめしています。空港ラウンジは基本的にはゴールドカード以上のクレジットカードに特典として付帯されているのですがアメリカン・エキスプレスであれば一般カードでも付帯されているのが特徴的です。
またアメリカン・エキスプレスらしく本人のみならず同伴者も1名無料となるのが嬉しいサービスであるといえます。空港ラウンジは1人で利用することも多いとは思いますが、出張などでは2-3人と利用することもあるでしょう。利用料を支払えば利用できるところもありますが、なるべく無料利用できるものはしたいですよね。

クレジットカードでプライオリティパスを手に入れる

クレジットカードで空港ラウンジを利用する方法を紹介していますが、その中でも特に海外に出向く方におすすめしたいのがプライオリティパスを取得する方法です。プライオリティパスは世界中の空港ラウンジを利用する会員権でありプライオリティパス社という会社が提携している空港ラウンジを利用できるような仕組みとなっています。

本来は年会費を支払って会員になるのがプライオリティパスの仕組みとなっているのですが、クレジットカードの中には年会費無料でこのプライオリティパスに入会できる特典を用意しているものがあります。通常に入会するよりもこのクレジットカードを利用してプライオリティパスを手に入れるほうが遥かにお得に空港ラウンジを利用できるようになりますのでこのおすすめ方法をご紹介します。

まずプライオリティパスと一言で紹介しても実は種類が存在しています。会員にランクが付いているのです。会員の種類としては以下のようなものが用意されています。
・スタンダード会員 年会費が安いものの毎回の利用料が必要
・スタンダード プラス会員 年会費は真ん中、10回まで利用料が無料
・プレステージ会員 年会費は高額だが毎回の利用料は不要

クレジットカードの付帯サービスとして提供されているプライオリティパスはスタンダード会員かプレステージ会員であり、大抵のクレジットカードにはプレステージ会員が付帯されています。それぞれの例をご紹介しましょう。
■スタンダード会員が付帯されている
・アメリカン・エキスプレス・カード
・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

■プレステージ会員が付帯されている
・楽天プレミアムカード
・アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ
・三井住友VISAプラチナカード
・セゾンプラチナアメリカン・エキスプレス・カード

この中でおすすめなのは楽天プレミアムカードです。無料で空屋ラウンジを利用できる利用回数制限がないプレステージ会員が付帯されているクレジットカードでありながら、なんと年会費は10800円とゴールドカードとしては標準的なものです。ちなみの日本で発行されているクレジットカードでプレステージ会員が手に入る最も安いクレジットカードともなっています。
またこれに加えてセゾンプラチナアメリカン・エキスプレス・カードもおすすめとなっています。年会費は21600円ですがプラチナでアメリカン・エキスプレスブランドを手に入れることが出来るのは非常にお得でしょう。

同伴者も空港ラウンジは利用できるのか

クレジットカードでリヨ出来る空港ラウンジサービスを利用されている方も増えてきたと思います。この空港ラウンジを利用するときに気になるのは同伴者も一緒に利用できるのかということです。自分一人で旅行をしていたり出張に行っている場合は良いのですが、同伴者が居る場合には空港ラウンジが同伴者も利用できるのかによって使い勝手が異なってくると思います。
空港ラウンジの利用方法によって同伴者の扱いが変わってきますのでどのような取り扱いになっているのかについてご紹介します。

利用可能な空港ラウンジがクレジットカードによって異なるのは他の記事でも説明しているとおりです。基本的にはゴールドカード以上であれば国内の空港ラウンジを本人は利用することが可能です。その他にもアメリカン・エキスプレス・カードやダイナースクラブカードであればゴールドカードではなくとも空港ラウンジが本人は無料で利用できるなどの特典があったりもします。

基本的にクレジットカードを利用して利用する国内の空屋ラウンジは同伴者も利用できるものの利用料として1000円が必要となります。ただ、ステータス性の高いクレジットカードなどではサービスが充実しており本会員と同伴者1名まで無料で空港ラウンジが利用できるようになっているものもあります。これに関しては例を挙げると多くなってしまうので割愛しますがこういったものもあると理解しておくと良いでしょう。また、同伴者として家族カードを所有している場合はその方も空港ラウンジが無料となることが多いです。本会員が空屋ラウンジを無料で利用できるゴールドカードなどであれば、家族カード会員も無料で利用できると考えると良いでしょう。

空港ラウンジの利用方法にはクレジットカードだけで利用するものの他にプライオリティパスを利用するものがあります。このプライオリティパスは少し複雑となっており、利用するクレジットカードによって空港ラウンジの利用料が変わってきます。
例えばアメリカン・エキスプレス・カードに付帯されているプライオリティパスではスタンダード会員と呼ばれ、本人であっても同伴者であっても利用料に27ドルが必要となります。しかし、楽天プレミアムカードに付帯されているプライオリティパスではプレステージ会員と呼ばれるものであり本人は無料、同伴者は27ドルで利用することが可能です。インビテーションが必要ですがアメリカン・エキスプレス・カード プラチナなどごく一部のカードではプレステージ会員の中でも同伴者1名無料サービスが付帯されているものもあります。

JR東京駅のラウンジを使う

クレジットカードで利用するラウンジサービスといえば空港が非常に印象が強いように思いますが実は鉄道であるJR東京駅にもプレミアムラウンジが用意されています。こちらのラウンジは「ビューゴールドラウンジ」と呼ばれ特定のクレジットカードを持っている本会員とその同伴者が利用できるようなラウンジとなっています。鉄道系のラウンジは非常に数が少ないのですがこちらのビューゴールドラウンジは空港のビジネスラウンジレベルまでとは言えませんが良い待遇が用意されているラウンジとなっています。

さてこちらのラウンジを利用するためにはどのようなクレジットカードを手に入れれば良いのでしょうか。手に入れるべきクレジットカードは決まっており「ビューゴールドプラスカード」の一択となっています。こちらのクレジットカードを持ってなければラウンジを利用することは出来ないのですね。例外としてはラウンジを利用できる特別なチケットが用意されていることもあるのですが、これはクレジットカード以外ですのでここれは割愛します。

ラウンジを利用するために必要なクレジットカードはビューゴールドプラスカードということですが、これだけでラウンジが利用できるのでしょうか。実はこれだけではラウンジを利用することが出来ず空港ラウンジなどと同様に当日乗車予定のグリーン車チケットが必要となるのです。また乗車後のチケットでは利用することが出来ませんのでそこは注意しておきましょう。

これらの準備が揃えばラウンジを利用することが可能です。クレジットカードを保有している本人は無料で利用できますし同伴者は利用料を支払うかラウンジチケットを手に入れることによって利用が可能となっています。ラウンジに関しては2人席などが多く話をするのには良い感じになっているのですが、全体の席数が東京駅の規模からすると少なめになっているので時間帯によっては少し混雑してしまうことがあるのが残念なことろではあります。もう少し大きな規模でラウンジが用意されていればさらに使いやすいものになったのでは無いかという印象を受けるものです。

ただどちらにしろ鉄道系のラウンジは東京駅に他にはありませんので利用できるのであれば使っておきたいものではあります。飛行機よりも新幹線は本数が多いので乗り換えの時間を調節しやすいメリットはありますが、人と会うときなどどうしても時間をラウンジで調節したいこともあるでしょう。そういったちょっとした時に使える良いラウンジがこのラウンジなのです。