空港ラウンジを無料利用できるおすすめクレジットカード

空港ラウンジを使えるクレジットカードはおすすめ

クレジットカードには旅行に役立つサービスが多々付帯しています。
その一つとなるのが、空港ラウンジ無料利用サービスです。
空港にはラウンジがあり、休憩ができるようになっています。
フライト前やフライト後に、休憩をするにはぴったりでしょう。
空港ラウンジは誰でも利用ができますが、利用料金が必要になります。
1,000円~2,000円程度となることが多いですが、お金を出してまでは使いたくない…と思ってしまうのではないでしょうか。

空港ラウンジにはクレジットカード会員を対象としたラウンジと、航空会社のラウンジがあります。
クレジットカード会員を対象とした空港ラウンジは、クレジットカードを持つことにより無料で利用できるようになります。
対象となるクレジットカードと搭乗券を受付で提示すれば、料金を支払わずに空港ラウンジを利用できるのです。
旅行の時にラウンジ利用ができるクレジットカードがあれば、無料で休憩ができてありがたいでしょう。
空港を利用するのであれば、ラウンジを使えるクレジットカードを持つのはおすすめです。
ちなみに航空会社のラウンジは、航空会社の上級会員を対象としています。
クレジットカードを持っているだけでは、利用をすることはできません。

空港ラウンジが無料になるサービスは、一般のクレジットカードには付帯しません。
ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードといった、上位ランクのクレジットカードを取得することになります。
ゴールドカード以上のクレジットカードは、一般クラスのクレジットカードに比べると種類は少ないです。
なので選びやすいような気がしますが、実際に発行しようとなるとどれが良いのか…と迷ってしまうケースが多いようです。

クレジットカード選びに迷ったら、何を目的とするのかを決めましょう。
空港ラウンジを利用でき、かつ以下のような条件を満たすクレジットカードはどれなのかを紹介していきます。

・年会費を節約したい
・同伴者も空港ラウンジを使いたい
・ビジネスカードが欲しい
・海外空港のラウンジも使いたい
・ポイントがたまるクレジットカードが良い
・家族も海外空港のラウンジを利用したい
・学生でも空港ラウンジを使いたい
・早くクレジットカードを発行したい
・専業主婦でも空港ラウンジを使いたい
・ステータスが高いクレジットカードが欲しい
・人気が高いクレジットカードが欲しい

自分に合うクレジットカードを見つけてくださいね。

年会費無料のクレジットカードが良い!

空港ラウンジを利用できるクレジットカードは、ゴールドカード以上となります。
そうなると心配なのが、年会費です。
ゴールドカードになると、年会費は有料となってしまうものがほとんどです。
空港ラウンジは使いたいけれど、クレジットカードの年会費は抑えたい…。
そんな欲張りな方におすすすめのクレジットカードを紹介します。

・イオンゴールドカード
イオンカードは年会費無料で、人気があるクレジットカードです。
どの種類を発行しても、年会費は無料。
年会費無料派には、嬉しいクレジットカードです。
イオンカードがスゴイところは、ゴールドカードも年会費が無料の点です。
ゴールドカードは年会費が無料!という常識は、通用しなくなってしまいました。

イオンゴールドカードは、空港ラウンジ無料利用サービスが付帯しています。
ただ利用できるのは、羽田空港の国内線のみ。
年会費無料なだけあり、利用できる空港ラウンジは1つしかありません…。
羽田空港を集中的に使う方に、おすすめのクレジットカードです。

・エポスゴールドカード
エポスゴールドカードも、年会費無料で持つことができるゴールドカードです。
年会費は通常5,000円(税別)となるのですが、年間50万円以上使えば翌年度は年会費無料となります。
年間50万円なら、毎月4万円~5万円程度使えばクリアできます。
ゴールドカードを使う人は、それなりにクレジットカードの利用金額はあるでしょう。
実質年会費無料にしやすいです。
またエポスカードからインビテーションをもらい入会をすれば、年会費は無料になります。
一度ゴールドカードを発行してしまえば、後はそれほど使わなくても一般カードに降格…ということはありません。
ぜひインビテーションをもらい、発行をしたいですね。

エポスゴールドカードは、国内主要20空港のラウンジを利用することができます。
そしてハワイホノルルと韓国仁川空港のラウンジの利用も可能です。
年会費無料なのに、これだけの空港ラウンジを無料利用できるのは大きなメリットでしょう。

年会費有料のクレジットカードは、年会費以上に使わないと損をしてしまいます。
ある程度の金額を使い、年会費以上のポイントをためたいところです。
持っているだけで使わない…ということはしにくいですね。
しかしイオンゴールドカードやエポスゴールドカードのように年会費無料であれば、空港ラウンジを使うときだけ携帯をする…ということもできるでしょう。

同伴者も無料でラウンジを使いたい

空港ラウンジは、1人で利用するとは限りません。
自分はクレジットカードで無料で利用できても、連れが対象となるクレジットカードを持っていなければ有料で利用をすることになります。
自分だけ無料になるのは、なんだか相手に悪いような気がしますね。
かといって自分もお金を払って利用する…ということも、したくはありません。

そんなときに役立つのが、同伴者も空港ラウンジが無料となるクレジットカードです。
同僚、友達、恋人、家族などと一緒のとき、同伴者も無料で空港ラウンジが使えると便利です。

・アメリカン・エクスプレス・カード
アメックスのクレジットカードは、一般カードとなるグリーンカードでも空港ラウンジ無料利用サービスが付帯します。
アメックスなら、どのクレジットカードでも空港ラウンジを利用できるのです。
そして特徴的なのが、同伴者も1名までは無料で空港ラウンジが利用できることです。
相手がどのような関係であっても、関係はありません。
通常空港ラウンジの利用は、クレジットカードの名義人のみが対象となります。
なのでアメックスのサービスは、貴重であると言えるでしょう。

・三井住友VISAプラチナカード
三井住友カードのプラチナカードは、同伴者1名まで空港ラウンジを無料で利用ができます。
三井住友VISAカードは、ゴールドカードにも空港ラウンジ無料利用サービスが付帯しています。
しかし同伴者も無料となるのは、プラチナクラスのクレジットカードのみです。
同伴者も無料で空港ラウンジを利用したいなら、三井住友VISAカードではプラチナカードの取得を目指すしかありません。

同伴者も空港ラウンジが無料となるクレジットカードは、多くはありません。
アメックスやプラチナカードはカンタンに取得はできないでしょう。
欲しいけれど審査に通過できない、年会費が高くて躊躇してしまう…といったこともあるかと思われます。
家族旅行をすることが多く家族と一緒に空港ラウンジを利用したいのであれば、家族カードを発行すると良いでしょう。
空港ラウンジが無料利用できるクレジットカードで家族カードを発行すれば、家族は別料金を支払ってラウンジを使う…といったことをしなくても良くなります。
家族カードは本カードよりも年会費が抑えられていることも多いですし、1枚までは年会費無料といったクレジットカードもあります。
お得に持つことができますので、家族カードの活用を考えてみてください。

プライオリティパスが付帯するクレジットカード

国内の空港ラウンジは、ゴールドカード以上のクレジットカードで利用することができます。
しかしこれだけでは、海外空港のラウンジを使うことはできません。
世界中の空港ラウンジを利用するには、プライオリティパスを取得しなければなりません。
プライオリティパスがあると、世界100か国以上、800以上の空港ラウンジを利用できるようになります。

プライオリティパスには、3つの種類があります。
年会費99ドル、ラウンジ利用27ドルのスタンダード会員、年会費249ドル、ラウンジ利用27ドル(10回まで無料)のスタンダード会員、年会費399ドル、ラウンジ利用は何回でも無料のプレステージ会員があります。
利用頻度が高いなら、プレステージ会員の資格をもらえるクレジットカードがおすすめです。

プレステージ会員のプライオリティパスが発行されるクレジットカードは、それほど多くはありません。
プラチナカード以上のクレジットカードに付帯するためです。
クレジットカードの種類はたくさんありますが、プラチナカード以上となると数は限られてしまいます。
そのためプライオリティパスが付帯するクレジットカードは少ないのです。

比較的低い年会費で、プライオリティパスのプレステージ会員が付帯するクレジットカードを紹介します。

・楽天プレミアムカード
年会費10,000円(税別)で、プライオリティパスが付帯します。
コストパフォーマンスは、非常に高いクレジットカードでしょう。
プレステージ会員の年会費は、日本円にすると4万円以上になります。
プライオリティパスを使えるだけでも、年会費以上の価値があると言えるでしょう。
もちろん国内空港のラウンジも、無料利用できます。
楽天プレミアムカードは、100円に1ポイントたまります。
楽天市場ではポイント5倍になるので、ポイントを貯めやすい点でもおすすめのクレジットカードです。

・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費20,000円(税別)ですが、年間200万円以上の利用で翌年度の年会費が10,000円(税別)になります。
利用金額がたかければ、楽天プレミアムカードと同じ年会費で利用することができます。
セゾンマイルクラブに登録をすれば、JALマイルもたまりやすくおすすめです。
法人や個人事業主向けのクレジットカードですが、サラリーマンでも発行が可能です。

ラウンジだけでなくポイントも貯めたい!

クレジットカードはポイントがたまる方が良いです。
ポイントは家電などのアイテム、金券、共通ポイントなどの交換ができます。
現金と同じ価値があるので、ポイントがたまりやすいクレジットカードの方がお得です。
空港ラウンジが利用でき、ポイントもたまりやすいクレジットカードはおすすめです。

・楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカードは、100円に1ポイントがたまります。
楽天市場では、いつでもポイントは5倍。
楽天市場でよくショッピングをするなら、おすすめのクレジットカードです。
たまるポイントは楽天スーパーポイントで、楽天市場、楽天ブックス、楽天トラベルなどの支払いに充てることができます。
またサークルKサンクスなど、楽天スーパーポイント加盟店で使うことも可能です。
楽天スーパーポイント加盟店は増加していますので、楽天サービスをそれほど使わない方でも、ポイントの使い道がない…ということはないでしょう。
現金代わりに使えるので、たまればたまるほど節約ができますね。
楽天プレミアムカードは、国内主要空港のラウンジと、韓国仁川空港、ハワイホノルル空港のラウンジが利用できます。
さらにプライオリティパスが付帯しますので、世界800以上の空港ラウンジを利用することも可能です。
年会費10,000円(税別)で、プライオリティパスまで発行できるのはお得なクレジットカードでしょう。

・JCBゴールドカード
基本的には1,000円に1ポイントですが、海外利用時はポイント2倍になります。
またオリジナルシリーズ優待店では、ポイント2倍~になるサービスがあります。
ぽんと5倍以上になるショップもあり、使い方次第ではポイントをためやすいクレジットカードでしょう。
空港ラウンジは国内主要空港、30か所以上のラウンジを利用できます。
またハワイホノルル空港のラウンジも利用可能です。
JCBゴールドカードは、利用状況によってはJCBゴールドザ・プレミアムへの招待もあります。
年間100万円以上の利用が2年以上となると、招待がくるとされています。
のちのクレジットカードのランクを上げたい方にもおすすめでしょう。
ランクが上がると、プライオリティパスの発行も可能となります。
JCBゴールドカードは、年会費10,000円(税別)。
JCbゴールドカードは、最短では当日発行、翌日配送が可能なクレジットカードです。
急にクレジットカードが必要になったときにも、おすすめです。