空港ラウンジを無料利用できるおすすめクレジットカード

空港ラウンジのサービスとは

空港にはクレジットカード会員向けのラウンジが用意されています。
空港ラウンジを利用するには、通常1,000円程度の料金が発生します。
しかしクレジットカードを持っていると、無料で利用することができるのです。

空港ラウンジでは、以下のようなサービスを行っています。

・ドリンクバー…ファミリーレストランのドリンクバーのようなものです。
・アルコール…ラウンジによっては、1杯まで無料の場合もあります。
・ソファー…ゆっくり休憩するのにおすすめ
・Wi-Fi環境…パソコンでメールチェックや仕事をすることが可能です。
・新聞・雑誌…自由時閲覧ができ、地方新聞などもあります。
・テレビ…時間を潰すには最適。
・電源…スマートフォンの充電ができます
・コピー機・FAX機…ラウンジで仕事をしたい人におすすめ。
・マッサージチェア…疲れをゆっくり癒すことができます。
・シャワールーム…ラウンジでさっぱり。
・トイレ…空港内のトイレよりキレイで、混み合っていません。
・ビジネスデスク…パソコンの貸し出しをしている場合もアリ。
・軽食…小腹を満たすことができます。

ラウンジではこういったサービスを行っています。
これを利用できるのであれば、クレジットカードを持ちたい!と思うのではないでしょうか。
空港をよく利用するなら、クレジットカードを持っていて損はありません。
ただシャワールームなど、有料のサービスがあります。
また利用時間が決まっており、1時間~2時間程度となるラウンジが多いです。
それ以上利用をすると、延長料金が必要になります。

空港ラウンジが使えるクレジットカードを発行するなら、ゴールドカード以上を選びましょう。
ゴールドカード以上にならないと、付帯しないサービスであるためです。
ただゴールドカード以上なら、すべてに付帯しているわけでもないので注意です。
空港ラウンジ利用ができないゴールドカードもありますので、確認が必要です。
また空港ラウンジが利用できても、クレジットカードにより利用できるラウンジが異なる場合があります。
クレジットカードによっては、数か所の空港しか利用できない場合もあります。
また国内線、または国際線利用時のみ…という条件が付くこともあります。
国内空港のラウンジを網羅したいのであれば、国内28空港のラウンジが使えるクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

空港ラウンジが付帯する、おすすめのクレジットカードを紹介していきます。

空港ラウンジが使える人気のクレジットカード

どのクレジットカードを選んだら良いかわからない…。
これは良く聞く嘆きです。
クレジットカードはたくさんの種類があるため、どれか1枚を選ぶのは大変ですよね。
クレジットカード選びの参考にしたいのが人気度です。
人気が高いクレジットカードを選んでおけば、間違いはありません。
人気が高いクレジットカードに絞ってしまえば、選ぶのがラクになります。

空港ラウンジ無料利用ができる、人気のクレジットカードを紹介します。

・三井住友VISAゴールドカード
VISAブランドのクレジットカードは、三井住友カードが強いです。
歴史もあり信頼度も高くおすすめです。
三井住友VISAゴールドカード は、国内28か所の空港、40か所以上のラウンジを利用できます。
年会費は10,000円(税別)ですが、条件を満たせば半額以下に抑えることも可能です。

・JCBゴールドカード
日本生まれのJCBカードは、日本人なら使いたいクレジットカードです。
空港ラウンジは国内28空港、買いたい2空港の利用が可能です。
キャンペーンにより、中国の空港のラウンジも使えることもアリ。
年会費は10,000円(税別)。
ディズニーデザインも人気です。

・ アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
国内28空港、海外2空港のラウンジを利用できます。
同伴者も1名までなら、ラウンジを無料で利用できるのも嬉しいところ。
プライオリティパスのスタンダード会員資格が付帯し、年に2回まで海外空港のラウンジも利用できます。
年会費は29,000円(税別)。

・ ダイナースクラブカード
国内外600か所の空港ラウンジを利用することができるクレジットカードです。
プライオリティパスなしでも、海外空港のラウンジを利用できるのは強みです。
年会費は22,000円(税別)。
ステータスが高いクレジットカードを希望する方にもおすすめ。

・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
国内28空港のラウンジを利用できます。
プライオリティパスが付帯するので、海外空港のラウンジも利用可能です。
年会費は20,000円ですが、年間利用金額により10,000円(いずれも税別)にできます。

・ MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
国内28空港のラウンジが利用でき、プライオリティパスも付帯します。
家族へのプライオリティパスの発行も可能なので、家族で海外空港のラウンジを利用したいときもおすすめのクレジットカードです。
年会費は20,000円(税別)。

高コスパ!楽天ゴールドカードでラウンジを使う

楽天ゴールドカード

楽天カードと楽天プレミアムカードの間に位置するクレジットカードです。

低年会費ゴールドカードなので、気軽に持つことができます。
2016年9月1日に発行が開始されており、まだ比較的新しいクレジットカードです。

楽天ゴールドカードのおすすめポイント

・年会費が安い
年会費は2,000円(税別)で、低年会費ゴールドカードに分類されます。
一般クレジットカードとそれほど変わらない金額なので、気軽に持てるゴールドカードでしょう。
家族カードは500円(税別)と低いので、家族カードも発行しやすいです。

・空港ラウンジサービス
国内主要28空港、ハワイ・ホノルル空港、韓国・仁川空港のラウンジが利用できます。
低年会費ゴールドカードは、利用できる空港ラウンジが少ないことが多いです。
年会費が低いので、そこまでサービスができない…という理由からです。
しかし楽天ゴールドカードは、国内28空港、海外2空港と、利用可能な空港ラウンジが多いのが特徴です。
年会費2,000円なら、空港ラウンジを2,3回使えば元を取れてしまうでしょう。

・ポイントがたまりやすい
楽天カードはポイントがたまりやすいクレジットカードとして人気ですが、楽天ゴールドカードもしっかりポイントをためることができます。
100円に1ポイントがたまり、街中の楽天ポイント加盟店ではポイント2倍~3倍になります。
そして楽天市場では、ポイントが5倍です。
楽天カードはポイント4倍ですから、楽天ゴールドカードはプラス1倍になります。
100円に5ポイントがたまることになりますから、楽天市場でショッピングをするならおすすめのクレジットカードでしょう。

・審査基準が厳しくない
楽天ゴールドカードは、20歳以上で安定収入があれば申込ができます。
年会費が10,000円程度のゴールドカードよりも、審査は厳しくなく発行しやすいようです。
空港ラウンジを利用したいけれど、ゴールドカードは審査が…という声もあります。
楽天ゴールドカードは比較的発行しやすいので、審査が不安な方にはおすすめです。

・nanacoチャージにも
JCBブランドであれば、nanacoチャージで100円に1ポイントを獲得することができます。
nanacoチャージで還元率1.0%以上のポイントを獲得できるクレジットカードは少ないですので、nanacoユーザーにもおすすめとなるでしょう。
VISAとマスターカードは、nanacoチャージ対象外となりますので注意してください。

プライオリティパス付帯の楽天プレミアムカード

楽天ゴールドカードの上に位置するのが、楽天プレミアムカードです。

楽天プレミアムカードのおすすめポイント

・年会費
年会費は10,000円(税別)で、一般ゴールドカード程度の金額となります。
家族カードは500円(税別)で、家族に持たせても年会費負担は少ないです。

・空港ラウンジが使える
楽天プレミアムカードでは、国内28空港、ハワイ・ホノルル、韓国・仁川空港のラウンジを利用することができます。
国内主要空港のラウンジは網羅していますので、どこに行ってもラウンジを利用することが出来るでしょう。

・プライオリティパスが付帯する
楽天プレミアムカードの大きなメリットとなるのが、プライオリティパスが付帯することです。
プライオリティパスがあると、海外500空港以上、1,000か所以上のラウンジを利用できるようになります。
海外に行く機会が多い方には、おすすめのクレジットカードでしょう。
通常プライオリティパスが付帯するクレジットカードは、プラチナカード以上となります。
年会費は低くても20,000円以上となることが多いです。
楽天プレミアムカードは年会費10,000円で、プライオリティパスが付帯するクレジットカードです。
コスパが高く、プライオリティパスのために発行するのもおすすめです。

・ポイントがたまりやすい
100円に1ポイントがたまり、還元率が1.0%あります。
そして楽天市場では、ポイントが5倍になります。
さらに誕生月は+1倍となり、ポイント6倍。
楽天市場をよく利用するなら、ポイントがどんどんたまるクレジットカードでしょう。

・ビジネスカードの発行が可能
年会費2,000円(税別)を支払うことで、楽天ビジネスカードの追加発行が可能です。
プライベートには楽天プレミアムカードを、ビジネスには楽天ビジネスカードを使い分けることができます。
個人事業主には、おすすめのクレジットカードでしょう。
楽天ビジネスカードでも、楽天プレミアムカードと同様のサービスを受けられます。

・ANAマイルもためやすい
手数料無料でポイントをANAマイルに移行することができます。
2ポイントを1ANAマイルに移行できますので、基本的な還元率は0.5%です。
移行期間も2,3日となりますので、すぐにポイントをANAマイルにすることができます。
空港ラウンジを利用したい方はマイルを貯めている方も多いですが、ANAマイルを貯めたいならおすすめのクレジットカードでしょう。

MUFGカード ゴールドならラウンジが無料利用可能

クレジットカードを利用する目的の一つにラウンジが利用できる、というものがあります。海外出張や海外旅行が多い方にとってラウンジが無料利用できるのか、それとも出来ないのか、という部分は非常に大きいのです。海外に行く前にゆったりとした基部になる空間が設けられているのと設けられていないのでは大きな違いを生む可能性があります。

こちらではラウンジが無料出来るクレジットカードのMUFGカード ゴールドについて詳しく解説します。どのような特徴があるのでしょうか。

MUFGカード ゴールドとラウンジの関係性ですが、まず国内線の空港ラウンジは利用できません。基本的に海外に行く場合にのみラウンジが利用できる、といった特徴を持っているわけです。ですから、国内利用が多いという方よりも、海外への移動が比較的多い、という方におすすめのクレジットカードとなっているわけです。

MUFGカード ゴールドの魅力ですが、何と言っても年会費があるでしょう。年会費については、わずかに2,000円程度となっているのです。少額の年会費でラウンジが利用できる数少ないカードです。費用対効果が高いカードでもあるので、ラウンジを少しでもお得に利用したい、といったことを考えている方におすすめしたいクレジットカードと言えます。