空港ラウンジを利用できるおすすめクレジットカード

年会費無料でラウンジが使えるイオンゴールドカード

空港ラウンジを無料で使いたいけれど、クレジットカードの年会費が気になる…という方もいるでしょう。
年会費を抑えてゴールドカードを持ちたいときに、おすすめなのがイオンゴールドカードです。
イオンゴールドカードは、年会費無料のゴールドカードです。
条件付きではなく、無条件で年会費は無料です。
ゴールドカード以上は年会費有料なのが当たり前ですから、常識を覆すゴールドカードと言えるでしょう。

イオンゴールドカードで利用できるのは、羽田空港の国内線ラウンジとなります。
他の空港ラウンジは、利用することができません。
年会費が無料ですので、利用場所が限られてしまうのは致し方ないでしょう。
羽田空港だけでも、ラウンジを利用できるだけでも良いのではないでしょうか。
羽田空港を利用してのフライトが多いなら、おすすめのクレジットカードです。

イオンゴールドカードは。イオン店舗にあるラウンジを利用することもできます。
大きめのイオンモールなどには、イオンラウンジが設置されています。
空港ラウンジのようにドリンクがあったり、おつまみがあったり、ゆっくり休憩ができる空間です。
ショッピングの途中で休憩をしたいときに、利用するのがおすすめです。
イオンゴールドカードがあると無料でイオンラウンジを利用できるので、ショッピングがより楽しくなるでしょう。

イオンゴールドカードは、インビテーションでしか取得ができないクレジットカードです。
イオンカードを利用し、イオンカードから招待されないと発行ができないのです。
インビテーションが発行される条件は年間100万円の利用とされていますが、イオン銀行の定期預金額やイオン直営店舗の利用回数、イオンカードを取得してからの累計利用金額などによっても、イオンゴールドカードを発行できることもあるようです。
イオンゴールドカードの対象となるのはイオンカード、イオンカードWAON一体型、イオンカードセレクトとなります。
ディズニーデザインも対象で、ゴールドカードもディズニーデザインとなります。
イオンカードSuicaなどは、たくさん利用してもイオンゴールドカードのインビテーションはもらえませんので注意してください。

イオンゴールドカードは家族カードも用意されています。
家族カードも本カードと同様のサービスを受けられます。
羽田空港のラウンジも利用できますし、イオンラウンジも利用が可能です。
年会費も無料ですし、お得度は高いクレジットカードでしょう。

低年会費で空港ラウンジを利用できるエポスカード

空港ラウンジが利用できるクレジットカードは、年会費を抑えたい…。
そんな方におすすめなのが、エポスゴールドカードです。
エポスゴールドカードは年会費5,000円(税別)です。
ゴールドカードとしては、年会費は低い設定です。
しかし年会費無料にすることもできるので、クレジットカードに年会費をかけたくないならおすすめでs。

エポスゴールドカードは年間50万円以上利用すれば、翌年度の年会費が無料となります。
またエポスカードからのインビテーションで入会をすれば、無条件で年会費は無料です。
クレジットカードの年会費を節約したいのであれば、インビテーションを狙うのがおすすめです。
まずはエポスカードを発行し、たくさん利用するのが良いでしょう。

年会費が低いゴールドカードは、空港ラウンジが利用できても利用場所が制限されていることがほとんどです。
利用できても数か所…ということもあります。
エポスカードもそれほど利用できる空港ラウンジは少ないだろう…と思うかもしれません。
エポスゴールドカードは、羽田、成田国際、新千歳、函館、仙台、小松、中部国、大阪国際(伊丹)、関西国際、神戸、広島、松山、福岡、北九州、長崎、熊本、大分、鹿児島、那覇と、利用できる空港ラウンジは多めです。
またハワイ・ホノルル、韓国・仁川の空港ラウンジも利用が可能です。
低年会費のゴールドカードとしては、利用できる空港ラウンジが多いと言えるでしょう。

そしてエポスゴールドカードは、海外旅行保険が自動付帯するのもポイントです。
最高1,000万円の補償となり、疾病や傷害の治療費は300万円となっています。
年会費のわりには、補償金額が高いのが特徴でしょう。
しかも自動付帯ですので、持っているだけで補償を受けることができます。
海外旅行や海外出張時には、おすすめのクレジットカードです。

クレジットカードは家族カードを発行することにより、本カードと同じ特典を受けることができます。
エポスゴールドカードも家族カードを発行すれば、家族も空港ラウンジを利用できる…となると良いのですが、残念ながらエポスゴールドカードには家族カードが用意されていません。
同伴者のラウンジ利用は有料となりますので、家族と空港ラウンジを利用したい場合には注意が必要でしょう。
家族もエポスゴールドカード会員になっているか、他の空港ラウンジが利用できるクレジットカードを発行しておいた方が良いかもしれません。

空港ラウンジもお得な楽天ゴールドとプレミアムカード

知名度が高いクレジットカードに、楽天カードがあります。
楽天カードはテレビCMをたくさん流しているだけではありません。
顧客満足度ナンバーワンを何年も連続で獲得しており、使えるクレジットカードとして人気があります。

楽天カードの上位クレジットカードとなるのが、楽天ゴールドカードです。
楽天ゴールドカードは年会費2,000円(税別)です。
年会費は格安なのですが、空港ラウンジ無料利用サービスはしっかり付帯しています。
楽天ゴールドカードで利用できる空港ラウンジは、新千歳、函館、青森、秋田、仙台、新潟、富山、小松、成田国際、羽田、中部国際、関西国際、伊丹、神戸、岡山、広島、米子、山口宇部、高松、松山、徳島、福岡、北九州、大分、長崎、熊本、鹿児島、那覇空港です。
主要の国内空港ラウンジは利用できると言って良いでしょう。
さらにハワイ・ホノルル、韓国・仁川の空港ラウンジも、利用が可能です。
年会費2,000円で、これだけの空港ラウンジの利用が可能なのはありがたいです。

楽天カードには、さらに上位のクレジットカードも用意されています。
楽天ゴールドカードの上となるのが、楽天プレミアムカードです。
こちらは年会費10,000円(税別)となりますが、プライオリティパスが付帯します。
プライオリティパスがあると国内空港だけでなく、世界中の空港ラウンジを利用できるようになります。
通常プライオリティパスが付帯するクレジットカードは、プラチナカードやブラックカードになります。
年会費10,000円程度で、プライオリティパスが付帯するクレジットカードはそうありません。
楽天プレミアムカードは、かなり貴重なクレジットカードでしょう。

国内空港を主に利用するのであれば、楽天ゴールドカードで十分でしょう。
海外空港も利用するなら、楽天プレミアムカードがおすすめとなります。

楽天カードは楽天市場で利用すると、多くのポイントが獲得できお得なクレジットカードです。
楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードもポイントがたまりやすいですが、お得なのはそれだけではないということです。
空港をよく利用するなら、ラウンジを利用できるだけでもかなりお得なクレジットカードになるでしょう。
楽天ゴールドカードも楽天プレミアムカードも、家族会員は年会費500円(税別)です。
家族会員は格安の年会費で空港ラウンジ利用など、本カードと同様のサービスを受けられるのもお得です。

国際線ラウンジを利用できるMUFGカードゴールド

低年会費ゴールドカードの先駆者と言えるのが、MUFGカードゴールドです。
年会費1,905円(税別)で、持つことができます。
これまではゴールドカードは10,000円程度の年会費が当たり前でしたから、2,000円程度でゴールドカードが持てる!ということで発行当初はかなり話題となりました。

MUFGカードゴールドは、発行当初は空港ラウンジの利用サービスが付帯していませんでした。
年会費が低いので仕方がないか…という感じだったのですが、その後低年会費のゴールドカードが登場してきました。
しかも空港ラウンジ無料サービスが付帯している…。
そうなるとMUFGカードゴールドは「ゴールドの色をしただけで普通のクレジットカードを変わらない」と、揶揄されるようになってしまいました。
そこでMUFGカードゴールドも、空港ラウンジ無料利用サービスを付帯せざるを得なくなったようです。

MUFGカードゴールドで利用できるのは、新千歳空港「ロイヤルラウンジ」、成田国際空港「IASS Executive Lounge1・2」、羽田空港「SKY LOUNGE/SKY LOUNGE ANNEX」、中部国際空港「プレミアムラウンジ セントレア(第1、第2)」、関西国際空港「カードメンバーズラウンジ六甲、金剛、比叡、アネックス六甲」、福岡空港「くつろぎのラウンジTIME、ラウンジTIMEインターナショナル」、ハワイホノルル国際空港「IASS HAWAII LOUNGE」の空港ラウンジとなります。
国内6空港、海外1空港となりますので、利用できるラウンジは少ないと言えるでしょう。

またMUFGカードゴールドは、国際線利用時のみしか空港ラウンジを利用できません。
国内線利用時は、ラウンジの利用ができないクレジットカードなのです。
海外に行く機会が多いなら良いですが、国内移動がメインというなら、空港ラウンジを利用する機会はない…となってしまうので注意をしてください。
年会費が低いため、国内線利用時もラウンジを使われると困る…という面があるようです。

MUFGカードゴールドは家族カードを発行することにより、家族も空港ラウンジを利用できるようになります。
家族カードの年会費は1枚目までは無料、2枚目より400円(税別)となります。
1枚目は年会費無料なので、発行しておいた方がお得です。
配偶者や親、子などに発行しておけば、空港ラウンジを一緒に無料で利用することができます。

同伴者もラウンジ利用できるアメックスゴールド

ステータスの高いゴールドカードとなるのが、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードです。
年会費は29,000円(税別)と高額になりますが、それだけの価値を感じられるクレジットカードでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは、28空港、39か所の空港ラウンジを無料利用できます。
年会費が高額なだけあり、国内主要空港のラウンジはほぼ利用できると言って良いでしょう。
利用できるのは新千歳、函館、青森、秋田、仙台、羽田、成田国際、新潟、富山、中部国際、小松、大阪国際(伊丹)、関西国際、神戸、岡山、広島、米子、山口宇部、高松、松山、徳島、北九州、福岡、長崎、大分、熊本、鹿児島、那覇の国内空港、ハワイホノルル、韓国仁川の海外空港のラウンジです。

そしてアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの特徴となるのが、同伴者も1名まで空港ラウンジを無料で利用できることです。
通常空港ラウンジを無料利用できるのはクレジットカードの名義本人のみのサービスで、同伴者も無料となることはありません。
同伴者が空港ラウンジが無料となるクレジットカードをも持っていない場合、1人でラウンジを利用するのは気まずいものです。
同伴者に気を使って、ラウンジを使えない…ということもあるでしょう。
また家族でフライトをするときに、家族分のラウンジ代を支払うのがもったいない…ということもあります。
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードなら、同伴者も無料でラウンジを利用することができます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、家族カードでも空港ラウンジを無料で利用できます。
そして家族カードでも、同伴者は1名まで空港ラウンジを無料利用できます。
本カード1枚と家族カード1枚あれば、最大4名ラウンジを利用できるわけです。
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの家族カードは、年会費12,000円(税別)となります。
ただ1枚目までは家族カードの年会費が無料になるサービスがあります。
12,000円が毎年タダになるわけですから、これだけでもお得なクレジットカードでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードには、プライオリティパスも付帯します。
ただスタンダード会員となりますので、年間の利用金額が制限されてしまいます。
年に何度も海外渡航をし空港ラウンジを利用するなら、プライオリティパスのプレステージ会員が付帯するクレジットカードがおすすめです。