クレジットカードと空港ラウンジの関係性に強くなれ

空港ラウンジの使い方

空港ラウンジを利用できるクレジットカードを持っているなら、使わないのは損です。
フライト時は、利用してみましょう。

空港ラウンジには、利用できるクレジットカードが表示されています。
自分が持っているクレジットカードが該当するかを確認しましょう。
利用できるようであれば、受付を行います。
クレジットカード当日の搭乗券を提示します。
これで手続きは完了です。
書類に名前などを記入したりすると面倒ですが、これだけでOKですので気軽に利用ができるでしょう。

入室をしたら、あとは自由に過ごすだけです。
仕事をする、マッサージチェアで疲れを取る、ドリンクでのどをいやす、仮眠を取るなどして、時間を有効に使うと良いでしょう。

空港ラウンジを退室するさいは、とくに手続きをする必要はありません。
時間になったら、何もせずにラウンジを出てかまいません。

空港ラウンジは制限エリアと非制限エリアにあります。
制限エリアにあるラウンジは、手荷物検査などを終えてから利用できますので、フライトまでゆっくり利用することができます。
非制限エリアのラウンジは、これから手荷物検査など出国検査をしなければなりません。
ギリギリまで滞在していると、フライト時間に間に合わない…ということが起こりやすいです。
時間には余裕をもって行動するようにしてください。
空港ラウンジで仮眠を取っていたら、寝過ごしてしまった…なんてこともあります。
クレジットカードで利用できるラウンジは、非制限エリアにあることが多いので注意をしましょう。

また空港ラウンジが利用できるクレジットカード会員であっても、携帯していないとラウンジは利用できません。
受付でクレジットカードを提示しなければならず、持っていないと利用することができないのです。
フライト時は、必ず携帯しておくようにしましょう。
いつも使っていないクレジットカードだと、持ってくるのを忘れた!ということも起こりがちです。
空港ラウンジの受付でごねても、無料で利用はできません。
どうしても利用したいときは、料金を支払うしかないでしょう。
空港ラウンジはゴールドカード会員以上が利用できる場所です。
ゴールドカードの取得は以前よりも簡単になったといえども、誰でも発行できるものではありません。
ある程度ステータスのあるクレジットカードで、所有できているというのはそれなりの信用がある証拠になります。
そのような人たちが利用するラウンジで、ごねるのは恥ずかしいのでやめておくのが無難です。

空港ラウンジ利用時の注意点

空港ラウンジを利用したことがないと、どうやって利用したら良いかとまどってしまいます。
空港ラウンジを利用するときの、注意点をまとめておきます。

・利用できるラウンジかを確認する
空港にはいくつかのラウンジがあります。
クレジットカードを持っていれば、どこでも利用できるわけではありません。
自分のクレジットカードが、利用対象であるかを確認しましょう。
ラウンジの前に利用対象となる、クレジットカードが書かれてあります。
その中に自分のクレジットカードがあれば、利用ができます。
また空港には航空会社のラウンジとクレジットカード会員向けのラウンジがあります。
利用できるのはクレジットカードのラウンジのみとなります。
航空会社のラウンジと間違えないようにしましょう。

・クレジットカードを忘れない
空港ランンジを利用するには、受付で搭乗券とクレジットカードを提示しなければなりません。
クレジットカード会員であっても、クレジットカードがなければラウンジを使うことは不可能となります。
クレジットカードは忘れずに携帯しておくようにしましょう。
また搭乗券がなくても、ラウンジは利用できません。
現在は搭乗券がなくても利用ができる空港ラウンジは、ほとんどないようです。
登場前は搭乗券、搭乗後は搭乗券の半券をなくさないようにしてください。

・利用時間に注意
クレジットカードのラウンジは、非制限エリアに設置されていることが多いです。
非制限エリアになると、その後に搭乗手続きをしなければなりません。
あまりゆっくりしていると、搭乗時間に間に合わない可能性がありますので注意をしましょう。
時間に余裕を持って、行動をするのがおすすめです。
また空港ラウンジは、利用時間が決まっている場合があります。
1時間~2時間に設定されており、時間をすぎると延長料金が必要になってしまいます。
ゆっくりすごしていると時間を忘れてしまいそうですが、時間は気にしながら利用をすべきでしょう。

・マナーを守る
空港ラウンジは、たくさんの人が利用するもです。
自分のためだけにあるものではありませんので、マナーを守って利用をしましょう。
どんちゃん騒ぎをしたり、自分の子供が騒いでも注意をしない…といったことがないようにしてください。
周囲の人に迷惑がかからないように、利用をしなければなりません。
あまりに節度がないと、退室を命ぜられてしまうことがあります。
恥ずかしい行為はしないようにしましょう。

家族で空港ラウンジを使いたい!

家族旅行のときに、空港ラウンジを使いたい…ということはあるでしょう。
しかし家族全員利用するとなると、結構な金額になってしまいます。
空港ラウンジの料金は、だいたい1,000円くらいとなることが多いです。
12歳までは500円程度、3歳以下は無料となることが多いですね。
自分はクレジットカードがあるので空港ラウンジを無料で利用できるけれど、配偶者も子供も…となると結構な費用がかかってしまいます。

家族も空港ラウンジを無料で利用するには、いくつかの方法があります。

・家族もクレジットカードを発行する
家族も港ラウンジ無料利用ができるクレジットカードを発行すれば、無料でラウンジを利用できます。
ただ空港ラウンジを無料で利用できるクレジットカードは、ゴールドカード以上です。
無職だったり学生だったりすると、ゴールドカードを発行するのは難しいかもしれません。
また家族がそれぞれに異なるクレジットカードを持っていると、利用できる空港ラウンジがバラバラ…ということが起こります。
一緒に空港ラウンジを利用できない…という可能性が出てきますので注意をしましょう。

・家族カードを発行する
空港ラウンジを無料で利用できるクレジットカードは、家族カードでも同じサービスを受けることができます。
家族カードを発行しラウンジで提示をすれば、無料で利用できるわけです。
クレジットカードの家族カードは、18歳以上の親、子、配偶者などに発行できます。
家族カードの発行にはほとんど審査がありませんので、家族がブラックや無職であっても発行が可能です。
詳しい発行条件はクレジットカードにより異なりますので、確認をしておきましょう。
またクレジットカードによっては、家族カードの発行ができない場合もあります。

・同伴者も無料になるクレジットカードを選ぶ
空港ラウンジが無料となるのは、クレジットカードの会員のみとなるのが普通です。
しかし中には、同伴者も1名まで無料で空港ラウンジを利用できるクレジットカードがあります。
こういったクレジットカードを選べば、家族がクレジットカードを持っていなくても無料で空港ラウンジを利用できるようになります。
同伴者1名まで無料で空港ラウンジが使えるのが、アメリカン・エクスプレス・カードです。
グリーンカードでもゴールドカードでも、同伴者も1名まで無料になるのでおすすめです。
家族カードでも同伴者1名まで、ラウンジを無料で利用できます。

空港ラウンジは居心地が悪い?

クレジットカードで利用できる空港ラウンジは、居心地が悪い…という声を良く聞きます。
空港ラウンジはゴールドカード以上を持っていれば、誰でも利用ができます。
以前はゴールドカードを取得するのは難しく、選ばれた人しか発行することが出来ませんでした。
そのため空港ラウンジを利用する人はそれほど多くはなかったです。
しかし現在は、ゴールドカードの敷居がだいぶ下がってきています。
専業主婦が発行できたり、フリーターが発行できたりするゴールドカードもあります。
発行できる範囲が広くなったため、空港ラウンジを利用する人も多様化しています。

そうなると空港ラウンジでも、マナーが悪い人が目立つようになりました。
子供が騒いでいるのに、全く注意をしない親。
お酒を飲んで宴会のように騒いでいる人。
そんな人がトラブルを起こし、空港ラウンジが気まずい雰囲気になる…ということもあるよです。

うるさい人がいるときは、運が悪かったとあきらめるのが大人の対応なのでしょう。
しかしあまりに度が過ぎていると、一言いいたくなってしまう気持ちもわかります。
その結果口論になり、警察が呼ばれる…なんてこともあるようです。
これでは空港ラウンジを利用したいと思わなくなってしまいますね。

空港ラウンジはクレジットカードのランクによって、別れているわけではありません。
低年会費のゴールドカードでも、ブラックカードでも、同じラウンジを利用することができます。
上位ランクのクレジットカードを持っている人にとっては、これには不満をもってしまうようです。
自分の方が高い年会費を支払っているクレジットカードなのに、ランクの低いクレジットカードを持っている人のマナーが悪すぎて居心地が悪くなるのは納得いかないとい意見のようです。
ただいつでも空港ラウンジにマナーが悪い人がいるわけではありません。
問題がある人に遭ってしまうのは、やはり運が悪かった…ということになるでしょう。

空港ラウンジでストレスなくゆっくり過ごしたい…のであれば、現状は航空会社のラウンジを使うのが良いでしょう。
航空会社のラウンジは航空会社の上級会員を対象にしていますので、それほど混み合うことはありません。
誰でも利用できるわけではないので、マナーが悪い人に当たる確率も少ないです。

空港ラウンジのトラブルが増えていることは、運営会社も頭を抱えているようです。
ゆっくりすごしたい人にとっては、何かしらの対策を早く講じて欲しいところですね。

世界中の空港ラウンジを利用できるプライオリティパス

国内空港のラウンジは、ゴールドカード以上のクレジットカードを持っていれば利用ができます。
海外空港のラウンジも利用したい…というときは、ただゴールドカード以上のクレジットカードを持っているだけではだめです。
プライオリティパスが付帯するクレジットカードが必要となります。

プライオリティパスがあると、世界120か国、400都市、800以上の空港ラウンジを利用できるようになります。
旅行や出張などで海外と飛び回るというなら、プライオリティパス付帯のクレジットカードはおすすめとなるでしょう。

プライオリティパスはスタンダード会員、スタンダードプラス会員、プレステージ会員となります。
それぞれ年会費やラウンジを利用できる回数が異なります。
年会費を支払ってまで利用したいか?!と言われると、うーん…となることが多いのではないでしょうか。
そこであると嬉しいのが、プライオリティパス付帯のクレジットカードです。
このクレジットカードがあると、年会費を支払わずにプライオリティパスの会員資格を得られるのです。

プレステージ会員のプライオリティパスが付帯するクレジットカードは、それほと多くはありません。
プラチナカード以上にならないと、付帯しないことがほとんどです。

プレステージ会員のプライオリティパスが付帯するクレジットカードは、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレス・カード、MUFJカード・プラチナ・アメリカン・エクスプレス・カード、SBIプラチナカード、三井住友VISAプラチナカード、JCB THE CLASS、楽天ブラックカード、ダイナースクラブ プレミアムカード、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードなどとなります。
どれもプラチナカード、ブラックカードとなり、年会費は高額になります。
5万円~10万円以上の年会費となるクレジットカードもあります。
また自分では申込みができなく、インビテーションのみでしか発行ができないクレジットカードもあります。
世界中の空港ラウンジを利用できるクレジットカードを取得するのは、簡単ではないと言えるでしょう。

比較的年会費が低く、発行もしやすいのが楽天プレミアムカードです。
こちらは年会費10,000円(税別)で、プレステージ会員のプライオリティパスが付帯します。
プラチナカードやブラックカードに比べると、審査にも通りやすくなっています。
プライオリティパスを利用したいなら、おすすめのクレジットカードです。