空港ラウンジとクレカのよくある疑問

空港ラウンジの利用方法は?

空港には、ラウンジというものがあります。
ドリンクが飲めたり、雑誌や新聞が読めたり、マッサージチェアあったり、フライト前にゆっくりと休むことができます。
空港ラウンジを利用するさいは、料金が発生します。
1回1,000円程度が必要になりますので、お金を払ってまでは利用したくない…という方が多いようです。
しかしクレジットカードがあれば、空港ラウンジを無料で利用することが可能です。

空港ラウンジの無料利用サービスが付帯したクレジットカード会員になると、いつでも空港ラウンジを無料で利用できるようになります。
空港の利用が多い人には、ありがたいサービスでしょう。

空港ラウンジの利用方法は、対象となるクレジットカードと搭乗券を受付で提示します。
これだけで空港ラウンジを利用できます。
対象となるのは、ゴールドカード以上です。
クラシックカードでは、利用ができませんので注意をしましょう。
またゴールドカードでも、空港ラウンジ無料利用サービスが付帯しないこともあります。
自分のクレジットカードはどうなのか、事前に確認をしておきましょう。

昔はクレジットカードさえあれば、搭乗券なしでも利用できたラウンジもあったようです。
しかし現在は、搭乗券がないと利用はできなくなっているようですね。

体質をするときは、特に手続きをする必要はありません。
黙って出ていっても良いです。
受付であいさつをしてくれるときは、一言付けて出ていった方が印象は良いですね。
「ありがとう」「お世話になりました」などと言って、体質をすると良いでしょう。

空港ラウンジにはクレジットカードを提示しても、利用ができない場合もあります。
それが航空会社が運営するラウンジです。
クレジットカードで利用ができるのは、クレジットカード会社の運営するラウンジとなります。
航空会社のラウンジは、その航空会社のヘビーユーザー向けとなります。
利用頻度が高い上級会員しか利用ができないラウンジなのです。
利用をするときは、間違えて航空会社のラウンジに入らないようにしましょう。

ラウンジの前には、利用が可能なクレジットカードが書いてあります。
必ず確認をするようにしてください。
入ったは良いけれど、「使えない」と言われると恥ずかしいですからね。
ラウンジは空港に1か所ではなく、何か所も設置されていることもあります。
場所により利用できるクレジットカードも異なりますので、確認を怠ると恥ずかしい思いをしてしまいますよ。

空港ラウンジは航空系クレカ以外でも使える?

空港やフライトでのサービスが充実しているといえば、航空会社が発行しているクレジットカードです。
ANAカード、JALカード、デルタスカイマイルカードなどが、有名なところです。
空港ラウンジは、航空会社発行のクレジットカードでしか利用できないと思っているケースがあります。
空港内でのサービスなので、そう思い込んでしまっているのでしょう。

しかしこれは間違いです。
空港ラウンジは、発行元に関係なく利用することができます。
空港ラウンジが無料利用できるサービスが付帯しているクレジットカードは、航空系クレジットカードだけではないのです。
JCBカード、三井住友カード、三菱UFJニコスカード、セディナカード、セゾンカード、ジャックスカード、オリコカード、楽天カードなどたくさんのクレジットカード会社がありますが、ほぼどのクレジットカード会社でも空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカードを発行しているのではないでしょうか。
たくさんの種類がありますので、自分に合ったクレジットカードは見つけやすいでしょう。

ただ空港ラウンジは、航空会社が運営しているラウンジとクレジットカード会社が運営しているラウンジがあります。
クレジットカードで利用ができるのは、クレジットカード会社が運営しているラウンジのみとなります。
ラウンジが利用できるからといって、航空会社のラウンジも利用できる…というわけではないのです。

航空会社が運営しているラウンジは、航空系のクレジットカードを持っていれば利用ができるように感じます。
航空系のクレジットカードはフライトによるマイル加算があったり、クレジットカード会員になるだけで上級会員の資格を得られるといった特典があります。
それなら空港ラウンジも、利用できて当然のような気がしますよね。
しかし航空会社のラウンジは、航空系クレジットカードを持っているだけでは利用ができません。
利用ができるのはファーストクラス利用者や、利用頻度が高い、お得意様のみとなります。
クレジットカードを持っているだけで利用ができれば、誰でも利用ができ特別感がなくなってしまいます。
そのため航空会社のラウンジは、利用頻度が高い特別な会員のみを対象にしているのです。

ラウンジで受けられるサービスはクレジットカードのラウンジより、航空会社のラウンジの方が充実しているようです。
ただクレジットカードのラウンジでも、十分休憩はできるでしょう。
無理に航空会社のラウンジを使おうとしなくても良いと思われます。

クレジットカードで利用できるのは国内ラウンジのみ?

クレジットカードを持つことにより、空港ラウンジを無料利用できるようになります。
利用できる空港は、クレジットカードにより異なります。
30近くの国内空港のラウンジを利用できるクレジットカードもあれば、数か所しか利用できないクレジットカードもあります。
羽田空港1か所のラウンジしか利用できない…なんてクレジットカードも。
「空港ラウンジ無料利用」となっていても、どこの空港が対象なのかを確認しておくことは大切です。
いざラウンジを利用しようと思ったら、このクレジットカードでは使えなかった!なんてことにならないようにしましょう。

クレジットカードの空港ラウンジ無料利用というのは、国内空港が対象となります。
海外空港が利用できるクレジットカードもありますが、だいたいはハワイホノルル空港と韓国仁川空港となっています。
日本人がよく利用する海外空港のみ…ということになりすね。
海外空港のラウンジは、利用できないと思って良いでしょう。
クレジットカードの空港ラウンジ無料利用サービスは、国内空港の利用が多い人向けとなるでしょう。
日本に住んでいるならどこに行くにしても国内空港を利用することになりますので、国内空港のラウンジが使えるのは誰にとってもありがたいことではありますが。

海外空港のラウンジを無料利用するにはどうしたら良いのでしょうか?
その国のクレジットカードを発行しないとならない…ということはありません。
クレジットカードはその国に在住している人しか発行できませんので、海外のクレジットカードを発行することはできません。
海外空港のラウンジを利用したい場合は、プライオリティパス付帯のクレジットカードを取得する必要あります。
プライオリティパスがあると、世界中800以上の空港ラウンジを利用できるようになります。
通常は年会費を支払わないとプライオリティパスは取得できません。
しかしプライオリティパス付帯のクレジットカードがあれば、年会費無しで海外の空港ラウンジを無料利用できるのです。

プライオリティパスは、プラチナカードやブラックカードに付帯するサービスとなります。
クラシックカードだけでなくゴールドカードクラスには付帯しませんので、上級クラスのクレジットカード取得を目指す必要があります。
年会費負担が大きくなり審査も厳しくなりますので取得をするのは容易ではないのですが、海外空港のラウンジを利用したいなら発行を目指してみると良いでしょう。

年会費無料クレカでも空港ラウンジを使える?

クレジットカードは年会費無料派という方も多いです。
空港ラウンジが利用できても、年会費有料のクレジットカードはイヤ…という場合もあるでしょう。

年会費無料のクレジットカードでも、空港ラウンジを利用できると良いですよね。
空港ラウンジサービスが付帯するクレジットカードは、ゴールドカード以上となります。
ゴールドカードになるとほぼ年会費は有料となりますから、空港ラウンジを無料で利用できる年会費無料クレジットカードを探すのは困難となるでしょう。

ただ全くないわけではありません。

イオンゴールドカードは、数少ない年会費無料のゴールドカードです。
羽田空港の国内線ラウンジを、無料で利用できるサービスが付帯しています。
対象となる空港ラウンジは少ないですが、無料利用をすることはできます。
羽田空港をメインに利用するのであれば、おすすめのクレジットカードでしょう。

イオンゴールドカードは、欲しいからと申込できるクレジットカードではありません。
インビテーションがなければ、発行することができないのです。
イオンカード、イオンカードWAON一体型、イオンカードセレクトなどイオンゴールドカード発行の対象となるクレジットカードから始めてみましょう。
年間100万円以上利用すれば、イオンゴールドカードのインビテーションが届きます。

そしてエポスゴールドカードがあります。
エポスゴールドカードは、年会費5,000円(税別)となるゴールドカードです。
年会費無料ではありませんが、年間50万円以上利用をすれば、翌年度の年会費が無料となります。
それほど高い金額ではないので、クリアできる可能性は高いでしょう。
またインビテーションによる入会は、年会費は無条件で無料となります。
なので年会費無料のゴールドカードと言って良いです。

エポスゴールドカードは約20の空港でラウンジを利用することが可能です。
羽田空港、成田国際空港、大阪国際空港、関西国際空港など、主要の空港ラウンジが対象となります。
さらにハワイホノルルと韓国仁川空港のラウンジも利用できます。
年会費負担をせずに、これだけの空港ラウンジが利用できるのは上出来でしょう。
コストパフォーマンスは、高いクレジットカードなのでおすすめです。

いろいろな国内空港を利用するならエポスゴールドカード、羽田をメインに使うならイオンゴールドカードが良いでしょう。
ただ年会費無料ですので、どちらも発行しても良いと思います。

ゴールドカードでも空港ラウンジが使えない?

空港ラウンジはゴールドカードを持っているからといって、利用できるわけではありません。
ゴールドカードを受付で提示しても、使えない場合もあるのです。
空港ラウンジ無料サービスは、ゴールドカード以上のクレジットカードに付帯します。
しかしすべてのゴールドカードに付帯をしているとは限らないのです。

・低年会費のゴールドカード
ゴールドカードの年会費は、10,000円程度が一般的となります。
それ以下になると、低年会費ゴールドカードとして分類されます。
2,000円~3,000円程度の年会費となるゴールドカードは、空港ラウンジ無料サービスが付帯しないことがありますので注意をしましょう。

年会費が低いということは、クレジットカード会社の利益は少ないことになります。
それなのに年会費10,000円のゴールドカードと同じサービスを付帯させてしまうと、コストがかかりすぎて経営を圧迫してしまいます。
低年会費ゴールドカードは年会費を抑える代わりに、サービスの質は落ちますよというクレジットカードなのです。
なので空港ラウンジの無料利用ができなくても、仕方がない…ということになるでそう。

・一般クラスでも空港ラウンジを使えるクレジットカード
空港ラウンジ無料サービスはゴールドカード以上のサービスとなりますので、一般クラスのクレジットカードには付帯しないのが当たり前です。
ゴールドの色をしたクレジットカードを選びましょう。
ただ「ゴールドカード」という名前が付いてなくても、空港ラウンジを利用できるクレジットカードもあります。
それがアメリカン・エクスプレス・カードです。
券面のカラーから、「グリーンカード」と呼ばれているクレジットカードです。
ゴールドカードではありませんが、空港ラウンジサービスは付帯しています。
しかも国内の主要空港はほぼ使うことができ、ハワイホノルル空港、韓国仁川空港のラウンジも利用できます。
さらにプライオリティパスも付帯しています。
その辺のゴールドカードよりも、サービスは充実していると言えるでしょう。

アメリカン・エクスプレス・カードはアメックスのスタンダートカードとなりますが、年会費は12,000円(税別)となります。
年会費を見ると、ゴールドカードと言っても良いでしょう。
アメックスの場合はグリーンカードがゴールドカード、ゴールドカードがプラチナカードクラスと判断しても良いくらいです。
そのためゴールドカードではなくても、空港ラウンジを利用できるのです。