クレジットカードで使える空港ラウンジはどんな感じ?

クレジットカードで空港ラウンジを無料利用できる

フライト時に利用できると便利なのが空港ラウンジです。
空港ラウンジは、ドリンクを自由に利用できます。
雑誌や新聞の閲覧もできます。
マッサージチェアで、ゆっくりくつろぐことも可能です。
搭乗予定の便が遅延しているときや、フライトの時間よりも早く着いてしまったときなどは、空港ラウンジを利用すると良いでしょう。

空港ラウンジを利用するときは、通常料金がかかります。
だいたい1,000円程度となることが多いです。
有料ならば利用を控えよう…という方も多いのではないでしょうか。

それなら空港ラウンジを、無料で利用する方法を考えましょう。
その方法となるのが、クレジットカードの取得です。
クレジットカードのサービスの中に、空港ラウンジ無料利用というものがあります。
このクレジットカード会員になると、空港ラウンジを無料で利用できるようになります。

空港ラウンジ無料サービスは、どのクレジットカードにも付帯しているわけではありません。
まず一般クラスのクレジットカードでは、利用することができません。
空港ラウンジを無料で利用できるクレジットカードは、ゴールドカード以上になります。
ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードなどになると、空港ラウンジを無料で利用できるサービスが付帯します。
通常は国内の空港ラウンジのみが利用できますが、プラチナカード以上になると世界中の空港ラウンジが利用できるプライオリティパスが付帯します。
海外の空港ラウンジも利用したい場合は、プラチナカード以上のクレジットカードがおすすめです。

ただゴールドカードであれば、どれでも付帯している…というものでもありません。
年会費が10,000円程度のゴールドカードなら付帯すると思って良いですが、2,000円程度の年会費になると付帯しないことがあります。
年会費が低くてお得なクレジットカードと思っても、空港ラウンジは利用できないことがあるので注意をしてください。
飛行機を利用しない人は低年会費ゴールドカードでも良いですが、空港を利用するなら低年会費ゴールドカードは避けた方が良いかもしれません。

またクレジットカードによって、利用できる空港ラウンジが異なる場合があります。
空港ラウンジ無料サービスが付帯していても、利用できるのはいくつかの空港だけ…ということもあるのです。
自分がよく利用する空港のラウンジが対象外だと、せっかく発行しても意味がなくなってしまいます。
どの空港のラウンジが利用できるのかを、確認しておくことが重要です。

クレジットカード会社運営のラウンジがおすすめ

フライト時に利用できる便利な空港ラウンジは、1空港に1か所だけではありません。
主要の空港では、何か所も用意されています。
そしてすべて運営しているのが、同じというわけでもありません。

一つは航空会社が用意したラウンジです。
ANAやJALが運営をしています。
これは航空会社の上級会員を対象としたラウンジです。
ファーストクラスの利用者や、利用回数が多い人が利用することができます。
一般の人は利用が難しいでしょう。
ANAカードやJALカードなど航空会社が発行するクレジットカードを持っていれば、ラウンジを利用できそうな気がします。
しかしクレジットカードを持っているだけでは、利用はできないようになっています。
クレジットカードを持っていても、それほどフライトをしない…という方も多いでしょう。
航空会社のラウンジはお得意様を対象としていますから、クレジットカードを持っているだけでは利用ができないのです。

もう一つはクレジットカード会社が業者に委託し運営しているラウンジです。
クレジットカード会社ごとに、いくつものラウンジが用意されているわけではありません。
いくつかのクレジットカード会社が、共同で運営をしています。
三井住友カード、JCBカード、三菱UFJニコス、セゾンカード、ジャックスカード、オリコカードなど、日本にはいくつものクレジットカード会社があります。
クレジットカード会社ごとになっていたら、1つの空港に相当数のラウンジがあることになりますよね。
これは不可能ですので、クレジットカード会社が共同で運営をしているのです。
空港ラウンジ無料利用サービスが付帯したクレジットカードを持っていれば、利用することが可能です。

どちらのラウンジが利用しやすいかと言えば、クレジットカード会社の方でしょう。
航空会社のラウンジを利用する条件をクリアするのは、カンタンではありません。
クレジットカード会員になるだけで利用できるのですから、クレジットカード会社のラウンジの方が誰でも利用しやすいです。
また航空会社のラウンジは、どの空港にもあるわけではありません。
羽田、成田、関西、福岡、新千歳、仙台などの主要空港にしか用意されておらず、地方の小さ目の空港にはありません。
クレジットカードのラウンジは地方の空港にも用意されているので、この面でも利用がしやすくなっています。
地方空港をよく利用する方にも、クレジットカードのラウンジが利用できが方が良いでしょう。

ビジネスにも使いたい空港ラウンジ

仕事で空港を利用する方も多いかと思います。
出張が多い仕事をしていると、月に何度も空港を利用するなんてこともあるのでしょう。
空港での時間を有効的に利用したいなら、空港ラウンジを利用するのがおすすめです。

空港ラウンジは、Wi-Fi環境が整っています。
パソコンで仕事をしたいときには、最適でしょう。
ただ人がたくさんいるざわついた空間で、仕事をするのはちょっと…という時もあるでしょう。
クレジットカードで利用できるラウンジは、クレジットカードを持っていてさえすれば誰も無料で利用ができます。
料金さえ支払えば、クレジットカードがなくても利用ができます。
不特定多数の人がいる中でパソコンを開いていたら、企業秘密が漏えいする心配もあります。
それに気持ちが落ち着かず、集中して仕事ができないことも考えられます。
そのようなときは、空港ラウンジのビジネスルームを利用すると良いでしょう。
ビジネスルームはデスクがあり、それぞれに仕切られています。
仕事をしている人ばかりですから、おしゃべりをしている人もほとんどいません。
ただパソコンのキーボードをたたく音が響いているという感じです。
これなら空港ラウンジでも、仕事がはかどるのではないでしょうか。

Wi-Fiがあってもパソコンを持って来てない…というケースでも大丈夫です。
パソコンが備え付けられている空港ラウンジなら、パソコンを持参していなくても仕事をすることができます。
パソコンだけでなくコピー機やFAXなどもありますので、非常に便利です。

仕事で空港ラウンジを使いたいというときは、法人向けのクレジットカードを持つのがおすすめです。
個人のクレジットカードでも空港ラウンジは利用できますが、社員のすべてがそんなクレジットカードを持っているとは限りません。
一般のクレジットカードしか持っていないというケースの方が、多いのではないでしょうか。
法人や個人事業主が発行できるクレジットカードで、ゴールドカード以上になれば空港ラウンジ無料利用サービスが付帯することが多いです。
空港ラウンジが無料利用できる法人カードの追加カードを社員に持たせれば、社員も空港ラウンジを無料で利用できるようになります。
社員が空港ラウンジで仕事ができるようになれば、その会社にはプラスとなることが多いでしょう。
仕事を効率化させるために、空港ラウンジを利用できる法人クレジットカードの発行を考えてみるのはおすすめです。

空港ラウンジには有料サービスもある

空港ラウンジはドリンク、新聞、雑誌、マッサージチェアなどが、自由に利用できます。
空港ラウンジが無料利用できるクレジットカードを持っていれば、無料なのでお得です。
ただ空港ラウンジのサービスは、すべて無料で利用できるわけではありません。
中には有料のサービスもあります。

シャワールームがある空港ラウンジがありますが、これは有料となる場合がほとんどです。
飛行機が遅れたり欠航したりして、ながいこと空港内で過ごさなければならないときなどは、さっぱりしたいと思うことがあります。
また汗をかいたときなども、シャワーを浴びたいと思うことがあります。
そんなときに空港ラウンジのシャワールームは便利です。
空港の外に出なくても、シャワーを浴びることができますからね。
料金はだいたい500円~1,000円程度となっているようです。

そして空港ラウンジの優良サービスとなるのが、アルコールの提供です。
空港ラウンジはドリンクは自由に利用できますが、アルコールは別料金となると考えて良いでしょう。
フリードリンクでは満足できない…というときは、有料のアルコールを注文しなければなりません。
また食事も別料金となる場合があります。
空港ラウンジではおつまみやお菓子など、ちょっとしたものは用意されていることがあります。
しかし軽食をとりたい、お弁当が欲しい…というときは、有料となるでしょう。

空港ラウンジの有料サービスは、クレジットカードのグレードが高いから無料になる…ということはありません。
ゴールドカードでもプラチナカードでも、有料サービスは有料となってしまいます。
そう考えると年会費が低いゴールドカードの方が、お得に空港ラウンジを利用できると感じますね。

こういった有料サービスは、国内の空港ラウンジでとなります。
海外の空港ラウンジでは、シャワールーム、アルコール、食事なども、無料となっている場合もあります。
どちらかというと海外空港のラウンジの方が、サービスは手厚いと言えるでしょう。
クレジットカードに付帯している空港ラウンジ利用サービスは、国内空港を対象としています。
ハワイホノルルや韓国仁川など一部海外空港ラウンジも利用できるクレジットカードもありますが、海外空港ラウンジは対象外となってしまいます。
海外の空港ラウンジを利用したい場合は、プライオリティパスを発行しなければなりません。
国内空港ラウンジ利用サービスが付帯し、なおかつプライオリティパス付帯のクレジットカードを選ぶ必要があります。

同伴者も空港ラウンジを無料利用できる

空港は1人で利用するとは限りません。
クレジットカードで空港ラウンジを利用したくても、同伴者に気が引けるのでどうしよう…ということもあるでしょう。
同伴者が空港ラウンジを利用できるクレジットカードを持っているとはかぎりません。
一緒に空港ラウンジを利用しようとなると、同伴者だけ有料となってしまいます。

そんな時に便利なのが、同伴者も1名までは空港ラウンジが無料になるクレジットカードです。
同伴者も無料で利用ができれば、気兼ねなくラウンジを利用できるでしょう。
ただ同伴者もラウンジが無料になるクレジットカードは、そう多くはありません。
空港ラウンジが無料になるクレジットカードはいくつもありますが、アメリカン・エクスプレス・カードくらいとなってしまうでしょう。
アメックスのクレジットカードであれば、グリーンカード、ゴールドカード、プラチナカードとどのクラスでも同伴者は1名まで無料となります。
またANAアメックスやJALアメックスでも、同様のサービスを受けられます。

アメックスは提携クレジットカードもありますが、プロパー以外は同伴者1名まで無料サービスは付きませんので注意をしてください。
セゾンアメックスなどはセゾンカードのサービスとなるため、アメックスのサービスは受けられないのです。
ANAアメックスやJALアメックスは航空会社と提携はしていますが、審査や発行はアメックスが行っています。
そのため提携クレジットカードではありますが、アメックスのサービスである同伴者1名まで無料サービスが適用となっています。

家族で旅行をするときに、家族全員で空港ラウンジを利用したということもあるでしょう。
家族がそれぞれ空港ラウンジを利用できるクレジットカードを持っていれば良いのですが、そうもいかないのが現状でしょう。
ゴールドカード以上となると審査が厳しくなりますし、年会費も高額になります。
誰でも気軽に発行できるわけではありませんので、クレジットカードを持っていても一般クラスとなってしまうことが多いでしょう。
家族で空港ラウンジを利用したい場合はラ空港ラウンジ無料サービス付帯のクレジットカードで、家族カードを発行するのがおすすめです。
家族カードは本カードと同様のサービスを受けることができます。
本カードで空港ラウンジが利用できれば、家族カードでも利用ができるわけです。
これで家族旅行でも、空港ラウンジを利用しやすくなるでしょう。

ラウンジを使えるカードを比較するなら↓
空港ラウンジを無料で使えるカードを徹底調査&比較!おすすめはコレだ! | クレジットカードの達人